公共交通機関

HOME > 観光&交通 > 交通 > 公共交通機関

地下鉄

地下鉄料金は基本料金から移動距離に応じて増加し、料金支払いは、1回用交通カードまたは一般交通カード(プリペイド式交通カードまたは後払い式カード)で可能である。
一般交通カードの場合、バスと地下鉄乗車時の両方で使用可能で、「電車・バス間乗換え」ができる。
一方、1回用交通カードの場合、地下鉄でのみ使用が可能で、購入時、500ウォンの保証金を支払い、使用後に払い戻しが可能である。
 

地下鉄1回用交通カード使用方法


1. 1回用交通カード購入
   「1回用発売・交通カードチャージ機」で目的地を選択後、利用運賃と保証金(500ウォン)を投入すると、1回用カードが発給される。
    ※ 1回用交通カード再利用のために、保証金(500ウォン)制度を運営している。
2. 乗車及び降車
    右側の交通カード端末機の交通カードを当てるところに1回、交通カードを接触(Tag)する。
    ※ 接触面には、主にT-moneyのロゴが書かれている。
3. 保証金の払戻し
    下車後、「保証金払戻し機」に1回用交通カードを投入すると、保証金を返して返金してもらうことができる。
 

地下鉄基本料金(2015年基準)

(単位:ウォン)
区分 一般交通カード 1回用交通カード
一般 1,250 1,350
青少年 720 1,350
小学生 450 450
 

地下鉄利用方法

 - 地下鉄は目的地の駅の名前が書かれている方向に乗車しなければならない。
 - 一部区間は、急行列車を運行して、すべての駅に停車しない場合もあり、乗車の際は注意が必要である。
 ※ 急行列車運行区間
     (ソウル地下鉄1号線「富平 ↔ 龍山駅」「東仁川駅 ↔ 龍山駅」、ソウル地下鉄9号線「金浦空港 ↔ 総合運動場」、
       空港鉄道「仁川国際空港駅 ↔ ソウル駅」)
 

地下鉄の種類

  • ソウル地下鉄:1号線〜9号線など「仁川 ↔ ソウル」「ソウル ↔ ソウル」「ソウル ↔ 京畿」等、各地域に移動する路線で
     ある。仁川市内には富川とソウルに行くことができるソウル地下鉄1号線の駅が分布している。
  • 仁川地下鉄:仁川市内を結ぶ路線で、ソウル地下鉄1号線(富平)、7号線(富平区庁駅)、水仁線(源仁斎駅)、空港鉄道(桂陽駅)へ
     の乗換えが可能である。
  • 空港鉄道:「仁川国際空港 ↔ 仁川 ↔ ソウル」を結ぶ列車で、すべての駅に停車する一般列車と、仁川国際空港駅とソウル駅
    にのみ停車する直通列車がある。
   - 一般列車(56分所要、仁川空港駅〜ソウル駅11駅すべてに停車、運行間隔:12分)
   - 直通列車(43分所要、仁川空港駅〜ソウル駅ノンストップ、運行間隔:30分)
     空港鉄道一般列車の場合、仁川地下鉄1号線(桂陽駅)、ソウル地下鉄1号線(ソウル駅)、2号線
     (弘大入口駅)、4号線(ソウル駅)、5号線(金浦空港駅、孔徳駅)、6号線(デジタルメディアシティ駅、孔徳駅)、京仁線(デジタル
     メディアシティ駅、弘大入口駅、孔徳駅、ソウル駅)で乗換えが可能。
      ※ また、仁川国際空港駅、黔岩駅ではKTX列車前売り及び乗車が可能である。
  • 水仁線:「仁川-水原」を結ぶ路線で、京畿地域安山や烏耳島などを簡単に往来できる。(2016年完工予定)
 
便利な地下鉄利用のための情報!
下のホームページを通して、各地下鉄路線の配車時間情報などを得ることができる。
 • 仁川交通公社(仁川地下鉄1号線):www.ictr.or.kr(英語、中国語、日本語に対応)☎(032)451-2114
 • ソウルメトロ(ソウル地下鉄1〜4号線):www.seoulmetro.co.kr(英語、中国語、日本語に対応)☎1577-1234
 • ソウル都市鉄道公社(ソウル地下鉄5〜8号線):http://www.smrt.co.kr(英語に対応)☎1577-5678
 • ソウル市メトロ9号線:http://www.metro9.co.kr(英語に対応)☎02-2656-0009
 • KORAIL空港鉄道:www.arex.or.kr(英語、中国語、日本語に対応)☎1599-7788
   - 地下鉄利用に関連するスマートフォンアプリ(APP)
      地下鉄ナビゲーション、地下鉄などで検索した後、そのアプリをダウンロードして使用することができる。

※ 「首都圏統合乗換え制」とは?
  • 仁川・京畿・ソウルバスなど首都圏のバスと都市鉄道、地下鉄などの乗換え時に、利用した交通手段と関係なく、総移動距離分
     だけ料金を納付する制度である。(交通カードで利用可能)
  • 乗換え時の料金は交通カードで決済しなければならず、乗車・下車時にカードを触れると(Tag)、乗換えとして認められる。
 

乗換えの例示



 

乗換え適用時間

   • 07:00(以降)〜21:00(より前)、下車タグ後、30分以内
   • 21:00(以降)〜07:00(より前)、下車タグ後、60分以内
 

乗換え認定方式

   • 同一路線バスを連続利用時、乗換え割引適用は不可能である。
   • 乗換え認定回数:5つの手段まで乗換え割引が適用される。
   • 多人数(2人以上)乗換え:同一人員が移動時にのみ、乗換え割引が適用される。 (バスのみ適用、地下鉄不可)
   • 地下鉄間の連続乗換え時、割引適用は不可能である。


 


 
※ 出処:外国人のための仁川生活ガイドブック