ご挨拶

HOME > 投資 > ご挨拶

無限な可能性の都市、仁川



     無限な投資価値を選択しました

 

赤い波がうねった2002年6月、ワールドカップ大会で無限な可能性の結実を結んだ韓国を世界中の人々が注目しています。その背景には韓国サッカーの可能性を認めて投資したヒディンク監督の存在があり、その成果に対する喜びと満足を韓国とヒディンク監督が共に味わいました。私たち仁川市は今後、無限な可能性の都市・仁川に注目して投資する方々と一緒に、ビジネスの成功と満足を味わいたいと思います。
 

北東アジアの中心都市として成長している仁川広域市は現在、世界的ハブ都市として成長することができるペンタポート(Penta-Port)のすべての要素を備えています。アジアとヨーロッパ、欧米を結ぶハブ空港となる仁川国際空港を中心に形成された各種支援システム(Airport)、国際物流の中心的な役割をする仁川港(Sea port)、知識と先端産業の活性化で情報通信のメッカとなる松島情報化新都市(Tele port)、龍游、舞衣など天恵の自然環境を備えた観光と文化の都市(Leisure port)、国際貿易、国際金融団地などの開発と経済自由区域指定、GCF誘致により、より活発な世界ビジネスの中心地として生まれ変わる都市(Business port)、仁川は世界のどこにも見られない国際都市としての条件を備えています。
 

2013年に英国の時事経済週刊誌エコノミストのEIUが仁川の未来競争力を世界第2位と評価し、全国91の市・道の団体長アンケート調査では国内で最も起業しやすい都市第1位として仁川を挙げました。すでに世界の多くの国と企業が仁川の無限な可能性と未来に注目して、多くの投資が行われており、仁川と共にこの無限な可能性を開花させる結実を結ぶことができるように、私たち仁川広域市は持続的で長期的な計画を練り、入念に行っていきます。
 

世界最高のインフラを備えた都市として、様々な国の企業がより多くのインセンティブとサービスの恩恵を受けることができる無限な可能性の都市・仁川-Infinity City、Incheonとなるように、最大限の支援を惜しみません。

すべての世界に通じる仁川-今や可能性のある場所にだけ投資して下さい。


 

仁川広域市長        劉正福





上記公共著作物は無料で利用できますが、商業的目的では利用することができず、
公共著作物の内容も無断で修正されることはできません.