由来と沿革

HOME > 仁川紹介 > 紹介 > 由来と沿革
강화 고인돌

仁川の最初の名称はミチュホル(彌鄒忽)である
この地域が一つの行政区域として登場するのは、高句麗長寿王の時(475)で買召忽縣という名前であった。 その後、新羅が三国を統一した後、景徳王の時に漢字式に変わり召城縣となった。
高麗粛宗(1095〜1105)の時、粛宗の母の内郷であったために慶源郡に改称・昇格した。その後、仁宗(1122〜1146)の時に順徳王侯李氏の内郷という理由で、仁州に昇格したが、李資謙の乱で仁州李氏が没落したため、恭讓王2年(1390)になって再び、慶源府に還元された。
その理由は「七代御鄕」として文宗から仁宗に至る7代の間、高麗王室と関連がある地域だったからであった。朝鮮王朝が開創されて慶源府は再び仁州に還元された。しかし、太宗13年、州の字を持つ都護府以下の郡・県名を山、川の二文字のいずれかに改正することとなり、現在の仁川が誕生し、その日(1413年10月15日)を称えて、「仁川市民の日」が制定された。
 

INCHEON HISTORY
由来と沿革
1400’s 1413.10.15    太宗13年「仁州」から「仁川郡」に変更
1800’s 1883.           開港されて府内、遠又爾、朱雁、南村、鳥洞、新峴、黄等川、田反、梨浦、多少の10面
                   を統合して仁川をなす。
1895.05.26    23府制の実施に応じて仁川府設置
1910’s 1914.04.01    仁川府の一部と富平郡を併合して富川郡設置
1914.09.01    月尾島を仁川府に編入
1936.10.01    富川郡多朱面の一部と文鶴面の一部が仁川府に編入
1940’s 1940.04.01    富川郡文鶴、南洞、富内、西串など4面が仁川府に編入
1949.08.15    地方自治法施行に伴い、仁川府を仁川市に改称
1960’s
1963.01.01    富川郡芍薬島を仁川市に編入
1968.01.01    区制実施で4区設置(中区、南区、東区、北区)、中部出張所に北部出張所
  • 管轄松月洞を編入して中区設置
  • 北部出張所と東部出張所を統合して東区設置
  • 南部、朱安、文鶴、南洞の4つの出張所を統合して南区設置
  • 富平出張所、ソゴッ出張所を統合して北区設置
    南洞出張所、ソゴッ出張所及び7つの行政洞設置
    《4区2出張所66洞》
1970’s 1973.07.01    東区月尾島を中区に編入
1980’s
1981.07.01    京畿道から分離し、政府直轄市に昇格(仁川直轄市)
1988.01.01    2区設置 《6区94洞》
  • 南区(1出張所40洞)→南区(27洞)、南洞区(13洞)に分区
  • 北区(1出張所29洞)→北区(19洞)、西区(10洞)に分区
1989.01.01    京畿道3面を仁川直轄市に編入
  • 京畿道甕津郡永宗面、龍游面→仁川直轄市中区
  • 京畿道金浦郡桂陽面→仁川直轄市北区
  • 3行政洞(永宗洞、龍游洞、桂陽洞)の設置」
    《6区97洞》
1990’s
1995.01.01    仁川直轄市から仁川広域市に名称変更
1995.03.01    2自治区設置
  • 北区(32洞)→富平区(21洞)、桂陽区(11洞)に分区
  • 南区(31洞)→南区(23洞)、延寿区(8洞)に分区
1995.03.01     市・道間の境界調整
  • 北区瑞雲洞の一部→京畿道富川市に編入
  • 京畿道江華郡(1邑12面)、甕津郡(7面)、金浦郡黔丹面仁川広域市に編入
    《2郡8区、1邑19面124洞》
1998.10.10〜11.10    過疎洞統廃合(1邑19面116洞に縮小)
2000’s
2001.12.28    西区黔丹洞が黔丹1洞、黔丹2洞に分洞
2003.03.01    延寿区、玉蓮洞が玉蓮1洞、玉蓮2洞に分洞
                     桂陽区桂山3洞が桂山3洞、桂山4洞に分洞
2005.08.12    西区黔丹1洞、黔丹2洞が、黔丹1洞、黔丹2洞、黔丹3洞に分洞
2005.12.30    富平区三山洞が、三山1洞、三山2洞に分洞
2006.09.01    西区黔丹1洞が、黔丹1洞、黔丹4洞に分洞
2006.11.26    中区・東区間管轄区域変更
  • 中区銭洞、仁峴洞の一部→東区花平洞に編入
  • 中区仁峴洞の一部→東区松峴洞に編入
2007.01.01    延寿区東春2洞が東春2洞、松島洞に分洞
2009.02.01    南区の小規模洞統廃合
  • 崇義1洞・崇義3洞→崇義1・3洞
  • 龍峴1洞・龍峴4洞→龍峴1・4洞
  • 道禾2洞・道禾3洞→道禾2・3洞
2009.07.20    南洞論峴古棧洞が、論峴洞、論峴古棧洞に分洞
2010.06.10    西区青羅洞設置
  • 景西洞、延喜洞、 元倉洞の一部→青羅洞
2011.05.20    南洞区論峴洞が論峴1洞に名称変更
                     論峴古棧洞が論峴2洞、論峴古棧洞に分洞
2012.01.01    延寿区松島洞が松島1洞、松島2洞に分洞
                     中区永宗洞が永宗洞、雲西洞に分洞
                  (2郡8区、1邑19面125洞)